ホーム > 桐生園について > 理事長挨拶

理事長挨拶

理事長写真のサムネイル画像のサムネイル画像

 社会福祉法人 桐生会
 理事長 伊 藤 邦 治

                                                               

 当法人は昭和56年11月の特別養護老人ホーム「桐生園」の開設以来、基本理念である利用者のお一人ずつの人間性を尊重し、やすらぎと生きがいのある生活が営まれるよう「心の介護」を実践するということを念頭に、信頼・安心・安全の得られる施設として、地域の方々から満足していただけるよう長年に亘ってサービスの提供に努めて参りました。

 この度、おおつゴールドプラン2015において、新たに特別養護老人ホーム定員60床(個室)・ショートステイ定員10床(個室)の整備予定者として平成27年11月に選定されました。新規特養の開設用地、大津市「玉野浦」字川崎につきましては、桐生園から車で約20分の距離に位置し、施設間の連携を図る上で最適のところであると考えられ、当法人の多岐にわたる各事業との相乗効果も十分に期待できるところであります。

 また、本事業計画は、大津市の整備計画で必要とされる「近隣に同一施設がない地域での開設」「今後ますます高齢者人口が増加すると予測される地域での開設」という条件に充当するものと考えられます。加えて、瀬田川沿いの風光明媚な景観とJR瀬田駅及び石山駅からの交通の利便性、そして、認知症専門病院や商業施設にも近いという相当な好環境となっております。

 以上のことを総合的に勘案し、今後ますます社会福祉法人に求められるであろう「地域貢献への業務の拡充」と「高齢社会が求める介護サービスの提供強化」に鑑み、平成30年3月完成、4月オープンに向け本事業計画を遂行いたします。

 最後になりましたが、今後とも地域の方々から必要とされ、愛され、信頼される高齢者総合福祉の事業体として、地域福祉の発展と充実に役職員一丸となって努めて参る所存です。